English & French

 『カナダに引っ越すんです。』 と前の会社の人に言った時 『じゃあ、フランス語を勉強しないといけないんじゃないの?』 と言われた。カナダはフランス語と言うイメージが強くあったらしい。
確かに公用語は英語とフランス語。でも家のオットもそうだが、このカナダ西部ではあまり話せない人も多い。学校で習ったらしいが、日本人が学校で英語を習ったのと同じで出来る人もいれば出来ない人もいるだろう。



東部にあるケベック州(Quebec)はフランス語圏。私も旅行で訪れた事があるが、見事にバイリンガルが多かった。マクドナルドに行っても 『ボンジュール』 から始まり私がフランス語が分からないと言うとすぐに英語に切り替えてくれた。でも英語の苦手な人もいるのは当然で、英語が流暢ではないカナダ人と話した時は何だか不思議な感じがした。

ケベックは(独立運動をしているらしいがまだ実現はしていない)独自のフランス語文化を持っていて意識も誇りも高い。町中にある道路標識や看板などはフランス語と英語はもちろん。でもフランス語が英語より大きくないといけないらしい。

カナダで売られる商品などは英語&フランス語を両方表記と定められている。
私が初めてカナダに来た時はその事を知らなかった。物によっては違う面に書いてあるので、フランス語の面を初めに見てしまうと意味が分からずで、私ってこんなに英語が分からないんだ~と間抜けな事を思ったりもした。

家にあるもので同じ面に両方が表記してあるものを探してみたのでとりあえず2点。
上)ピーナッツクリーム・Smoothとそれのフランス語
下)マスタード・上が英語で下がフランス語
c0053960_1364473.jpg
c0053960_1371281.jpg
考えてみれば、こうして生活の中にフランス語が混ざっているのに覚えられない私・・・。とりあえず英語だけで一杯一杯です。

ケベックは素敵な所なので機会があったら訪れるみては
こちらから情報が見れます。→ケベック州観光情報

[PR]
by emma_etc | 2005-01-21 07:28 | Canada
<< オタクカップル 長い冬 >>